サステナビリティコンサルティング

将来を見据えた組織がパフォーマンスを犠牲にすることなくプラスの影響を最大化するサステナビリティソリューションを提供します。

Sustainability

私たちの世界は変化しています。ポジティブで持続可能な変化への道をリードできていますか。

サステナビリティは進化し続けています。企業が市場で生き残るためには、環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)の問題を支持することが不可欠であると認識されているからです。サステナビリティは、競合他社と差別化すると同時に、さまざまな方法と強度で組織全体に影響を与えることがわかっています。しかし、多くの企業では、対策を講じなければならないと認識しながらも、この課題に戦略的に取り組むことは難しいと感じています。

サステナビリティは、リスクと機会を提供する継続的な旅であると私たちは考えています。各企業はESG報告や運用について既成概念にとらわれず個別に対応する必要があります。

プロティビティは、お客様とともに、サステナビリティのリスクを効果的に管理し、機会を最大化できるように導きます。

当社のサステナビリティコンサルティングと幅広い分野の専門家が、お客様固有のニーズに対応します。  

Sustainability

サステナビリティコンサルティング

サステナビリティのための包括的アプローチ

サステナビリティのための包括的アプローチ  

サステナビリティは複雑で多次元的なトピックであり、業界や企業によってさまざまなレベルの理解があります。プロティビティはクライアントと緊密に連携して、ESGが組織にとって何を意味するかを効果的に評価し、組織とともに進化し成長するESG目標の構築、実装、実行、監視、報告を支援します。私たちは、クライアントが全体像を理解し、パフォーマンスを最大化しながら、社会と環境に最も大きな影響を与えることができる分野を明確に特定することを望んでいます。サステナビリティを戦略、価値観、構造、プロセス、サービス、製品に焦点を当て、実践することで、「良いことをする」ことがもたらす価値にも気づくことができるでしょう。

プロティビティは、以下の要素を含む全体的かつ統合的なアプローチを提供し、組織を継続的かつ長期的な成功に導きます。  

サステナビリティのための包括的アプローチ

プロフェッショナルリーダー

谷口 靖美
アーサー・アンダーセンに入社後、15年にわたり海外と国内の会計監査・買収監査に従事。その後、リスクマネジメントのコンサルティング、内部監査支援業務、CSA導入支援、 監査ツール紹介・導入を担当。2003年にプロティビティ LLCの設立に参画。プロティビティにおいてグローバルチームと連携したSOX対応、さらにグループガバナンスやERM構築の支援、内部監査の外部品質評価などのサービスを主導。2016年7月より7年間日本代表を務める。アジア太平洋地域のESGソリューションリーダー。The ESG ...
吉田 真樹
日系および外資系企業において人事業務を経験後、アーサー・アンダーセン(朝日監査法人)、KPMG(あずさ監査法人)を経て、2005年にプロティビティに入社。日本における管理部門統括、日本およびアジア地域の統括人事ディレクタを歴任。その後、コンサルティング業務に担当を移行し、人材・組織トランスフォーメーションサービスを立ち上げ。企業ビジョン浸透、人材・組織変革、人的資本経営推進、DEI推進等のサービスを提供するとともに、ERM態勢構築、コンプライアンス態勢構築、新規事業立ち上げ等の支援を提供している。2023年7月より現職。 ...

THOUGHT LEADERSHIP

Loading...