量子コンピューティングサービス

組織がポスト量子の世界に対応できるようにするために支援する

Quantum Computing Hero

量子コンピュータの性能は爆発的に向上し、破壊と驚異的な機会をもたらしています。しかし、多くの技術者やビジネスリーダーは、この技術がビジネスに与える影響、つまり潜在的な改善効果の大きさ、データや重要なビジネスプロセスへのリスクについて理解していません。

私たちは、組織が実際のユースケースと価値を見つけ、リスクを評価し、ポスト量子の世界に対応するために今すぐ行動を起こせるよう支援します。

Quantum Computing Hero

量子コンピューティングサービス

量子の世界のチャンスとリスクに今、備える

量子コンピューティング準備ワークショップ

量子の世界に興味がありますか。量子コンピューティングのメリットとリスクを理解し、量子への対応力を評価し、実際のビジネスアプリケーションを探求し、量子の旅を始めるためのロードマップを定義するお手伝いをします。

 

ポスト量子リスクアセスメント

暗号の黙示録は、3年から5年の間にやってくるかもしれません。あなたの組織では、ポスト量子の世界の安全な暗号を導入する準備ができていますか。送信するデータの機密性と保存期間によっては、今すぐ始める必要があるかもしれません。私たちは暗号のアジャイル化を支援します。

 

量子コンピューティング概念実証(PoC)

量子的な優位性を証明する準備はできていますか。私たちは、ポートフォリオの最適化や機械学習のようなカスタムユースケースの構築を支援します。これらのアプリケーションは、今年中に成果を上げるものもあれば、2年以内にお客様がリーダーとしての地位を確立するためのものもあります。

 
post-quantum_world_series_thumbnail

The Post-Quantum Worldポッドキャスト


The Post-Quantum Worldは、量子コンピュータのホットな話題について隔週でお届けするポッドキャストです。プロティビティがホストを務め、量子をリードするKonstantinos Karagiannisとゲストが量子コンピュータとそのビジネスへの影響、メリット、脅威について探究します。ポスト量子の世界への対応はできていますか。 

ポッドキャストを聴く
post-quantum_world_series_thumbnail

量子コンピュータとは、素粒子が常に2つ以上の状態で存在できることを利用したマシンです。量子物理学の特性を利用して、従来のコンピュータよりもはるかに少ないエネルギーで、ある種の計算を高速に行うことができます。

量子コンピューティングはあなたのビジネスにとってどのような意味を持つのでしょうか。

組織は、量子コンピューティングを競争上の優位性として捉えるべきです。新しい量子に触発されたアルゴリズムは、製品開発に革新的なソリューションとアプローチをもたらすでしょう。さらに、量子コンピュータは、市場投入までの時間を短縮し、顧客への配送を最適化することができます。

一方で、量子コンピュータは、組織にも大きなリスクをもたらします。  研究者らは、量子コンピュータが現在の暗号システムを大幅に弱体化する可能性があることを示しました。

量子コンピュータは、今日のセキュリティシステムを瞬時に陳腐化させ、今日の最強のセキュリティで保護されている機密データの暗号を破ります。これにより、組織のデータ、知的財産(IP、特許、顧客情報、データ)が危険にさらされることになります。

現在、あるいは将来、公的なチャンネルで共有されるあらゆる情報は、脆弱性を持つことになります。金融サービスやヘルスケアなど、データのプライバシーやセキュリティに関する規制が厳しい業界にとって、量子はビジネス、法律、倫理面で大きな影響を与えるでしょう。 

リスクのある分野の例としては、以下のようなものがあります。

  • 政府・軍の通信の保護
  • 金融・銀行取引の安全性
  • 医療データおよび医療記録の機密性の確保
  • クラウド上の個人情報の保護
  • 企業内機密ネットワークへのアクセス制限

大規模な量子コンピュータが実現した後でも情報資産の安全性を保つために、古典的なコンピュータと量子コンピュータの両方からの攻撃に耐える新しい機能・アルゴリズムであるポスト量子暗号化が進んでいます。

シカゴ量子取引所のような主導的な組織は、量子情報の科学と工学の研究と教育を推進しています。

量子の世界の到来はまだ数年先の話かもしれませんが、組織は今日から準備を始める必要があります。当社の量子コンピューティングサービスでは、企業のポスト量子リスクアセスメントや準備ワークショップ、量子ロードマップの計画などを支援します。 

今日から始めるべき主なステップ

  • 量子チャンピオンを選出する。
  • ポスト量子準備ワークショップを実施する。
  • 量子コンピュータの事例、組織にとっての価値、潜在的なリスクを特定する。
  • ]量子コースと数年単位のロードマップを作製する。
  • 実施後6~12か月ごとにロードマップを再評価する。 量子コンピュータの新しい発見や開発、ビジネスや業界の変化に応じて、計画を更新する。
  • 準備をしたうえで柔軟性をもつ。

Helps identify real use cases

組織における量子の活用


プロティビティは、お客様の組織に価値をもたらすための真のユースケースを特定するお手伝いをします。以下は、量子コンピュータがどのように役立つかの例です。    


Helps identify real use cases

金融サービス

  • リバランスによるポートフォリオの利益
  • トレーディング軌道の最適化
  • 信用リスクの分析
  • AIを統合した、不正検知の強化
  • テクノロジー、メディア、通信

医療

  • MRIの微弱なマークから症状全体の比較まで、より良いAI診断のための検索データの最適化
  • 薬物や分子のモデル化とシミュレーション
  • 遺伝子の解析

消費財・製造業

  • 製品を動かす全ての領域での変革
  • 複雑な工学設計の作成(チップから理想的な分子まで)
  • 自律走行用GPSナビゲーションAIの改良

テクノロジー、メディア、通信

  • より良い、より速い検索機能
  • AIやMLの強化、学習データの最適化、新アルゴリズムの開発
  • 広告・マーケティング分析の最適化
  • ソフトウェアの検証・妥当性確認

エネルギーとユーティリティ

  • センサー開発の改善
  • ネットワーク設計とエネルギー配分の最適化
  • 油井の生産量の最大化

プロフェッショナルリーダー

Hiroyuki Sado
アンダーセンコンサルティング東京事務所、デロイトコンサルティング ニューヨーク事務所および三菱総合研究所を経て2019年プロティビティLLCに参画。30余年に渡るITコンサルティングの実務経験や新規IT関連事業開発の経験を活かし、現在プロティビティジャパンのデジタルおよびBPI (Business Performance Improvement)事業責任者としてお客様のデジタルによる業務パフォーマンスの改善支援に従事。日本でのプロセスマイングの普及に取り組んでいる。
Loading...