サードパーティリスクマネジメント(TPRM)

すべての組織は異なっており、そのため、TPRMプログラムに一律に対応するアプローチを適用すべきではありません。

プロティビティは、業界や規制の期待に応えながら、日々のビジネス機能に組み込まれたTPRMソリューションを提供します。そして、私たちのプログラムの実施を通じて、コスト削減、プロセスの効率化、今日の最も重要なリスクの軽減を実現します。

TPRMを成功させることで、ビジネスリーダーはサードパーティの活用が収益性の向上につながることを理解し、組織のエコシステムが新たな想定外の課題に耐えられるよう構築されるよう支援し、価値を高めることができるのです。  


Slash costs, improve processes, and mitigate the most critical risks of today

サードパーティリスクマネジメントサービス

TPRM戦略およびプログラムの評価、設計、実施/変革

現状把握から、エンドツーエンド・プログラムの設計・構築、個々のライフサイクル・コンポーネントの強化まで、ビジネスの意思決定と収益向上に役立つより良い情報を提供します。そしてインパクトのある変化を実現します。

 

個別リスク領域の改善オペレーショナル・レジリエンス(事業継続)、ITセキュリティ、プライバシー、PCI、コンプライアンス

私たちは、リーダーがデータ収集と評価活動を合理化し、各リスク領域について実用的な情報を作成します。有意義でリアルタイムのモニタリングメカニズムの作成をサポートし、より強力な主要リスク指標、主要業績評価指標、サービスレベル契約を推進するガバナンスのメカニズムを構築して契約プロセスへの情報提供を支援します。

 

エコシステム 強化の実現

プロティビティの専門家は、お客様の組織と連携し、ビジネスを保護し、収益を向上させるTPRMプログラムに必要な連携を構築するお手伝いをします。強力なTPRMプログラムが、収益向上活動を可能にします。

 

サードパーティ監査(ITセキュリティ/シェアードアセスメント、オペレーション、コンプライアンス)

プロティビティのアセスメントサービスは、お客様の組織のリスク管理方法と整合性のある方法で、意思決定を促進し、リスク関係者に情報を提供します。私たちは、第三者が多くのリスク領域においてお客様の期待に応えているかどうかを示す、意味のあるアウトプットをお客様に提供します。

 

テクノロジーイネーブルメント

さまざまな業界や地域で、強固なTPRMプログラムを実施します。TPRMにおいては、ライフサイクルプロセスをシームレスに接続し、ステークホルダーがより良い意思決定を行うために必要な情報を提供するためのテクノロジーイネーブルメントが必要です。プロティビティは、これらの導入をナビゲートし、プログラムとプロセスの合理化により、コストを抑えるお手伝いをします。

 

標的型問題解決とインシデントレスポンス

お客様のビジネスをサポートし、将来的に第三者で同じまたは類似の問題が繰り返されるリスクを低減する方法で、TPRMの問題を特定し、解決する。どんなに強力なプログラムであっても、第三者との間で問題は発生します。

 
TPRM

価値を高めるための統合的なアプローチ


調達とTPRMは、ライフサイクル全体で統合され、可視性、効率性、リスクマネジメント、コストマネジメントを向上させる必要があります。TPRMライフサイクルの4つのセクションは、ビジネスの成長と顧客の成功を推進するために適切なパートナーを決定するために、それぞれ重要な役割を担っています。プロティビティは、財務、情報技術、コンプライアンス、オペレーショナル・デューデリジェンスのための統合的なワンストップ・ソリューションを提供しています。包括的なデューデリジェンスプロセスを経た取引は最も成功しやすく、期待通りの価値を実現することができます。

  • 計画:サードパーティマネジメントの成功は、事業戦略や価値創造プロセスとの強い結びつきから始まる。
  • デューデリジェンスとサードパーティの選定: デューデリジェンスと第三者選定は、協調的で、リスクに焦点を当て、ビジネス価値の決定を促進することを目的とする必要がある。
  • 契約管理:契約管理は、デューデリジェンスの結果から情報を得て、ビジネスニーズに合致し、適切なリスク軽減要件を提供する契約において終了する必要がある。
  • モニタリングと管理:強力な契約は、監督活動に対する説明責任を促進し、関係を成功させるために何が必要なのか、すべての関係者に期待を持たせるのに役立つ。
TPRM

プロフェッショナルリーダー

Fumito Fujiwara
流通系SIerにて、情報システムの企画・開発・運用業務の現場を経てプロティビティに入社。米国企業改革法・内部統制評価制度への対応支援を皮切りに、IT監査のコソーシングやの監査ツールの導入支援を数多く提供してきた。現在は日本オフィスにおけるITコンサルティングのソリューションリーダーとして、ITガバナンス、ITリスク、サイバーセキュリティ、IT統制/テクノロジー監査といった様々なIT領域で、金融機関や流通小売業をはじめとした様々な業界に対して、サービスを提供している。
Loading...