事業継続とレジリエンス

再開、適応、前進のためのプレッシャーの下で、組織の備えを確保します。

企業は、優先順位を理解し、混乱を計画し、優れたビジネス慣行を採用し、先見性を発揮して、物事がうまくいかないときに迅速に軌道修正する能力を高めることによって、リスクに先手を打つ必要があります。

デジタルテクノロジーの急速な変化とサイバーへの懸念の高まりにより、極端ではあるがあり得る事象のリスクが高まり、組織の重要なビジネスサービスに影響を及ぼす可能性があります。従来の事業継続管理(BCM)の手法をベースに、業務回復力を活用することで、こうした事態の把握、防止、回復を支援することができます。 

BCMは伝統的に、相互に関連しながらも、3つの異なる分野から構成されています。それらは「危機管理とコミュニケーション」「ITディザスターリカバリー(ITDR)」「ビジネスプロセスの再開」です。これらの分野にわたる継続計画を持つことで、組織は事業運営に影響を与えるだけでなく、人材やブランドを保護し、収益を上げ、関連性を維持し、規制に準拠する能力を提供するリスクに対応することができます。企業は、優先順位を理解し、混乱を計画し、優れたビジネス慣行を採用し、先見性を発揮して、物事がうまくいかないときに迅速に軌道修正する能力を高めることによって、これらのリスクに先手を打つ必要があります。 


We can leverage operational resilience by leveraging business continuity management (BCM) practices

事業継続とレジリエンス

危機管理とコミュニケーション

プロティビティは、お客様の組織やカルチャーに合わせた危機管理ガバナンスモデル、戦略、計画の策定を支援します。運用体制を活用してアプローチを推進し、企業の知識、意思決定、認識を促進します。

 

事業再開

ビジネスの中断や危機的な出来事に対する計画や対応に関連するリスクを整理、評価、軽減し、お客様のBCMプログラム全体の一部として戦略を決定し、計画を策定、実施します。

 

ITディザスターリカバリー(ITDR)とレジリエントアーキテクチャ

ITDRの成熟度や変革のレベルに関わらず、設計、アーキテクチャ、ツールの選択、関連する戦略的・戦術的検討事項に対して適切な情報を提供します。

 

プログラムアセスメントとレビュー

プロティビティは、危機管理、インシデント対応、事業再開、ITディザスターリカバリー、オペレーショナルレジリエンス、BCMプログラムの成熟度などの評価レビューを実行します。

 

ビジネスインパクト分析

事業中断による主要なビジネスプロセスへのさまざまな影響を評価し、ビジネスプロセスの重要性、復旧目標、事業を運営するための技術やサードパーティへの依存度を決定します。

 

戦略の策定と実行

障害発生時の影響を最小限に抑えるための復旧戦略の策定、危機管理・事業再開・ITDR計画の作成・文書化を支援します。

 

テスト・トレーニング

復旧活動を担うキーパーソンを対象としたBCMトレーニングを開発・実施し、事業継続、危機管理、災害復旧の演習を設計し、実施します。

 

継続性リスクアセスメント

プロティビティは、組織における事業継続に関連するリスクを特定し、事業継続の観点から事業への影響の可能性、重要性、速度を判断します。

 

Build resilience for the unknown, manage technology risk and develop sustainable business continuity programmes

当社の取り組み


次にいつ災害やビジネスの混乱が起こるかは誰にも予測できません。唯一確かなことは、予定外の混乱が起こるということです。プロティビティは、企業が未知への備えとレジリエンスを構築し、テクノロジーリスクを管理し、持続可能な事業継続プログラムを開発することを支援しています。私たちはBCMライフサイクルの計画・管理プロセスを支援します。


Build resilience for the unknown, manage technology risk and develop sustainable business continuity programmes

プロフェッショナルリーダー

Masato Maki
大手証券会社にて基幹系システムやグローバルネットワークの設計・開発・運用などを10年以上担当した後、アーサーアンダーセンにてリスクコンサルティング業務に従事。2004年にプロティビティに入社、システムリスク管理を始めとして、エンタープライズ・リスク・マネジメント、内部統制管理、BCM、情報セキュリティサービスのチームリーダーとして、金融機関、商社といった業界を中心にグローバル企業を中心にサービスを提供している。 公認情報システム監査人。  
Fumito Fujiwara
流通系SIerにて、情報システムの企画・開発・運用業務の現場を経てプロティビティに入社。米国企業改革法・内部統制評価制度への対応支援を皮切りに、IT監査のコソーシングやの監査ツールの導入支援を数多く提供してきた。現在は日本オフィスにおけるITコンサルティングのソリューションリーダーとして、ITガバナンス、ITリスク、サイバーセキュリティ、IT統制/テクノロジー監査といった様々なIT領域で、金融機関や流通小売業をはじめとした様々な業界に対して、サービスを提供している。
Loading...