ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)

Body

労働人口の減少、働き方改革やAI関連技術の発展により、多くの企業でロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)導入の検討がなされ、導入企業は拡大し続けている状況です。RPAは適切に導入されることで、企業にとって多くの便益をもたらします。

RPAを正しく導入するには、既存のビジネスプロセスとそのプロセスの自動化への適合性を深く理解する必要があります。 RPAの持続可能な基盤を築くことは長期的な成功を計画する上で重要です。その一方で、企業の長期的な目標を理解することが、どのRPAソリューションまたはプラットフォームが最も適しているかを決定します。さらに、IT部門と機能部門のリーダーが計画段階において関与することで、ガバナンスとインフラの課題に確実に対処し、開発と保守を社内で行うか、外部委託するか、またはその両方を組み合わせるか否かの意思決定を助けます。

導入が失敗する最も一般的な理由の1つは、ユーザーによる利用が不足していることです。 プロティビティは、企業が効果的なRPAプログラムを導入し、ユーザーによる利用の促進を支援します。戦略には、RPA戦略における透明性のあるコミュニケーション(付加価値の高い活動への注力など)や、エンドユーザーのみならずIT部門も巻き込んだ利用の促進が含まれます。IT部門はRPAの展開の成功に重要な役割を果たし、プロティビティはIT部門と協力してRPAプログラム導入の成功を支援いたします。