デジタルIDセキュリティ

デジタルIDセキュリティ
デジタルIDセキュリティ

Body

役割の変更や従業員の離職時に、サービスや資産をアクセス権のプロビジョニング(配布)と関連付けることは、特権IDを無効化するのと同じくらい重要です。また、利用者のアクセス権と必要最低限の特権の割り当てを維持することは、機密データを保護するために不可欠です。 ID及びアクセス管理は、過度に複雑となるため、多くの場合、その場限りのアプローチでIT部門だけが推進しています。

企業がID及びアクセス管理に効果的に取り組めば、センシティブなリソースに接続できる権限を与えられた利用者は、信頼できるメリットを享受することができます。 しかし、適切な保護と最適なユーザー体験を両立しながら、コンプライアンスとコスト効率に優れた方法で企業情報を保護することは複雑で困難です。

プロティビティは、従来のITコンサルタントやシステムインテグレータとは異なるリスク管理の観点からID及びアクセス管理にアプローチします。 ID及びアクセス管理がリスクアペタイトを理解し主要なビジネスリスクに対処することに焦点を当てると、より効果的な調整と拡張が可能になり、最終的により多くの価値を生み出し、組織にとってより持続可能なものになります。

プロティビティのコンサルタントは、以下の支援を行います。

アクセス管理ポリシー、プロセスおよび標準

プロティビティのコンサルタントは、アクセス管理の方針と手順の確立に豊富な経験を有しており、お客様の環境に合わせた方針と手順の策定にかかる時間を短縮するお手伝いをいたします。お客様のビジネスニーズに合わせて拡張可能なID及びアクセス管理プログラムの確立についてのソリューションを提供します。

ID及びアクセス管理の設計と実装

プロティビティは、お客様のIDプログラムのビジョンを現実のものにすることを支援いたします。さまざまなテクノロジーに関する幅広い経験から、現在企業で活用されている様々なシステムと統合(または置き換え)できるセキュアなID管理環境を実装するためのソリューションを提供します。

ID 資格情報とソリューションの選択

プロティビティは、さまざまな実績をもとに、システムの相対的な強みと要件を理解するために組織を支援し、また、ID を適切に連携させる方法について運用上の知識と経験を持っているため、すでに行われている可能性のある投資を保護することができます。

ID連携戦略と実装

組織は、ID管理スキームを構築するために膨大な時間と費用を投資してきました。プロティビティは、最も要求の厳しい広範なID連携の環境における経験を活かして、お客様のID連携戦略を決定し、設計・実装を支援します。