ホワイトペーパー:ロシア制裁はESGの触媒になるか?

The Russian sanctions: A catalyst for ESG?
ホワイトペーパー:ロシア制裁はESGの触媒になるか?

ウクライナ戦争や、欧米やその同盟国の多くによるロシアやベラルーシへの制裁や禁輸の実施は、ESGにおける協議事項に大きな影響を及ぼす可能性があります。これらの出来事は、一見するとESG政策に課題を生じさせたり、取組みを遅らせたり成果を小さくする原因となるように思えますが、政府、規制当局、金融機関による対応は、ESGへのより強固で成熟したアプローチの形成に役立つ可能性があります。

有意義なESGプログラムの実行やその維持は、常に課題がありました。ESGに含まれるテーマは多岐にわたり、ESGプログラムには共通の枠組みがないため、要件や期待される成果の設定は、概して機関ごとに決定されてきました。政策立案者や機関によって行われる、地政学的事項がESGにおける協議事項にどのように影響を与えるべきか、あるいはそもそも影響を与えるべきかの検討は、ロシアの制裁によってさらに複雑なものとなりました。制裁とそれに対する各国の対応によってもたらされるESG上の主な課題を取り上げて解説します。


日本語版PDF  英語版PDF

 

 

 

 

Ready to work with us?