フラッシュレポート:第4次FATF対日相互審査結果の公表 ~プロティビティの洞察~

フラッシュレポート:第4次FATF対日相互審査結果の公表 ~プロティビティの洞察~

2021年8月30日、FATF(Financial Action Task Force:金融活動作業部会)は、第4次FATF対日相互審査結果(以下「MER」)を公表しました。

これにより、FATF審査団によるオンサイト審査後からの「小康状態」は終わりを迎えました。MERの公表を契機として、規制当局の動向を注視しながら、従前の対策を速やかに見直すとともに、継続的に対策を高度化させていくことが不可欠になります。本フラッシュレポートでは、MERの重要なポイントを説明するとともに、金融機関の対応の方向性を考察しています。



日本語版PDF  英語版PDF

 

 

 

 

Ready to work with us?