HighBond (ERM)

Protiviti Enterprise Risk Management
HighBond (ERM)

企業を取り巻くリスクがグローバルに大きく変化する中で、経営に影響を与える重要なリスクをいち早く把握し、グループレベルで対応していくことが、コーポレートガバナンスの課題の一つとなっています。また、「企業内容等の開示に関する内閣府令」の改正により、有価証券報告書において経営方針・経営戦略等と関連した主要なリスクが顕在化した場合に経営成績等に与える影響及び顕在化する可能性、当該リスクへの対応策などの記載が求められることとなりました。

 

社内外からのリスクマネジメントの要請に応えるためには、経営目標に関わるリスクを特定・評価し対応していくためのリスクマネジメントプロセスをグループ規模で見直し・構築していく必要があります。

今後はさらに、これらのリスクマネジメントプロセスを可視化した上で、経営者および各部門担当者が意思決定を行うためのリスク情報を適時かつ適切に提供できる仕組みを構築することが求められます。

 

このような状況下では、以下のようなさまざまな課題が挙がります。

  • 経営目標の達成に資するリスクマネジメントプロセスを効率的に構築・見直したい
  • リスクマネジメントプロセスを様々な拠点に展開したい
  • リスクやその対応状況をタイムリーに把握したい
  • リスク情報を社内の意思決定や計画策定等に活用したい
  • 社外へのリスク情報の開示を効率的かつ体系的に行いたい

 

プロティビティが提唱するDigital ERMは、GRCツール等のデジタルを活用し、経営目標の達成に資するリスクマネジメントプロセスを効率的に見直し・構築することで、データに基づいたタイムリーなリスクの把握やERMのグループ展開を可能とする仕組みです。Digital ERMの活用により、経営層だけでなく各部門のリーダーが意思決定に有用なリスク情報を取得でき、グループ全体のリスク対応の最適化が可能となります。

 

Digital ERMの導入・推進を通して、プロティビティは以下を支援します。

  • GRCツールで可視化された弊社のERMモデルを活用したリスクマネジメントプロセスの効率的な構築・見直し
  • GRCツールをグループ共通のプラットフォームとして活用したリスクマネジメントプロセスの効率的なグループ展開
  • KPI・KRIを活用したリスク及び対応状況のタイムリーな把握
  • 経営者や各部門が求めるリスク情報の発信によるリスク対応の最適化
  • データベース化されたリスク情報を基にした効率的・体系的なリスク情報の開示

 

 

デジタルの活用によってリスクマネジメントはどう変わるのか?

デジタルを活用することで、各拠点のリスクやその対応状況、リスク対応に必要な情報をタイムリーに把握することができ、グループ全体でのリスク対応の早期化・最適化が可能となります。

 

 

 

◆ 各拠点のリスクの効率的な把握

Webアンケートを用いて、各拠点のリスク情報を効率的に収集し、分析・レポート化することができます。

 

※HighBond画面スクリーンショット

 

 

◆ リスク対応状況のタイムリーな把握

KRI(Key Risk Indicator)を活用し、データに基づいた客観的かつタイムリーなリスク対応状況のモニタリングが可能になります。

 

※HighBond画面スクリーンショット

 

 

◆ 経営層向けリスクレポートイメージ

経営目標毎に、各拠点が抱えているリスクの大きさを可視化し、特に留意すべきリスクを把握することができます。

 

※HighBond画面スクリーンショット

 

 

◆ 各部門向けリスクレポートイメージ

データ分析を活用し、客観的かつ多面的なリスク情報を発信することで各部門が所管するリスクへの対応の最適化を支援します。

 

※HighBond画面スクリーンショット

Ready to work with us?