次世代の内部監査の12の要素

The Royal Children’s Hospital partners with Protiviti’s automation experts for dramatic enhancements to its health insurance claim process
次世代の内部監査の12の要素

プロティビティの提唱する「次世代の内部監査」は、単にテクノロジーを使って今までと同じ方法で監査を実施することにとどまらず、内部監査のガバナンス要素を捉え直し、監査手法をデータやテクノロジーを活用してよりアジャイルな手法に移行し、適切なテクノロジーを導入・活用する新しい内部監査モデルです。

また、次世代の内部監査グループが導入する特定のガバナンス、メソドロジーおよびテクノロジーはさまざまです。

私たちが支援している多くの変革を通して、以下の共通の能力、品質、および要素の大部分を、3つの大きなカテゴリーでまとめることができます。

ガバナンス

  1. 内部監査の将来戦略
戦略的な価値創造に向けた、内部監査を革新的に変えていくべく将来戦略を持つ
  1. 企業構造
将来戦略を達成するために、内部監査の位置付けや内部監査組織を整備する
  1. リソースと人材の管理
能力開発モデルに基づく内部人材の管理、外部人材の活用も含めたリソース管理も行う
  1. 整合・連携したアシュアランス
3 line of defenseモデルの各ディフェンスラインが活動の整合性を確保し、連携を図る

メソドロジー

  1. 動的リスク評価
より短スパンで捉えるリスクデータを特定し、リスクを評価する仕組みと運用を行う
  1. アジャイル監査手法
計画から報告までのサイクルを短くし、監査を反復実施していく手法
  1. レポーティング
適時性と品質を兼ね備えた効果的なレポートで、ステークホルダーのニーズに応える
  1. 継続的なモニタリング 
データを評価・分析して、多頻度にモニタリングができるような仕組みを構築する

テクノロジー

  1. 高度な分析
組織内のデータを活用してリスクを評価し、効果的・効率的に作業を実施する
  1. ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)
これまで手作業で実施していた手続をテクノロジーを活用して自動化する
  1. プロセスマイニング
プロセスを網羅的に可視化し、問題点をプロセスから捉える手法
  1. 機械学習(ML)、人工知能(AI)
機械学習(ML)人工知能(AI)を用いて効果的・効率的に監査を実施する

 

Ready to work with us?