オフショア監査支援 | Protiviti - United States

オフショア監査支援

オフショア監査支援

オフショア監査支援

Body

グローバルに展開する企業グループの内部監査部門には、グローバルベースでのデータの分析と利用、および監査手法・監査手続書の標準化等による全体的な効率化が求められます。また、限られた人数でグローバルな内部監査の責務を果たす内部監査部門には、ルーティン化された監査業務を効率化し、よりリスクの高い領域や付加価値を提供する活動にリソースを集中することが必要とされます。

プロティビティ・インドのオフショア監査サービスセンターは、プロティビティのグローバル内部監査のナレッジセンターとして、グローバル監査体制におけるデータ分析や特定分野における監査の実施(ITセキュリティやルーティン化されたSOX監査等)を支援します。また、監査対象拠点の事前情報収集・調査、監査スケジュール・進捗状況の管理、監査報告書の作成など支援します。

オフショア監査サービスセンターの活用にはさまざまなメリットがあるだけでなく、企業の課題や実態に沿った形で活用方法や活用レベルを検討することも可能です。

オフショア監査サービスセンター活用の主なメリット

  • 人件費が削減できる
  • 時差を有効活用できる
  • 豊富な人的資源を活用できる
  • 専門知識を持つスペシャリストの支援が受けられる

オフショア監査サービスセンターの活用例

オフショア監査サービスセンターは、クライアント企業のニーズに応じて監査に関する情報や雛形を提供するとともに、スケジュール作成等を実施するナレッジセンターとしての活用が可能です。また、一部の監査を委託するオフショア監査チームとしても活用できるなど、さまざまなご要望にお応えします。

ナレッジセンターとしての活用

一元化された監査管理システムを通じて情報を提供する。

  • 監査計画、全体監査スケジュール
  • 個別監査スケジュール、監査進捗状況
  • 監査報告フォームの雛形
  • 過年度監査関連資料(報告書、RCM、チェックリスト、質問書等)
  • コミュニケーションワークフロー

その他ナレッジベースとして情報を提供する。

  • 業界別のリスクガイダンス
  • プロセス別RCM
  • 監査プログラムの標準フォーム
  • 質問書やチェックリストの標準フォーム

オフショア監査チームとしての活用

現地往査に出向くことなく、オフショアセンターで監査を実施する。主に、ITセキュリティ監査、データ分析、不正分析、ITフォレンジック、SOX監査、ガバナンス監査等の監査分野を支援する。