内部監査アウトソーシング・コソーシング支援 | Protiviti - United States

内部監査アウトソーシング・コソーシング支援

内部監査アウトソーシング・コソーシング支援

内部監査アウトソーシング・コソーシング支援

Body

企業が直面する経営環境の変化は近年ますますスピードを増しています。そうした中で、「第3のディフェンスライン」として内部監査部門が果たす役割に対する経営者の期待は急速に高まっています。

一方で、社内に内部監査部門がない、あるいは社内で十分な内部監査要員を確保できない、要員を確保しても内部監査に関する十分な知識や経験がない、監査対象の特定分野における専門家がいない等の理由により、取締役会や経営者の期待に十分に応えられないケースもあります。

プロティビティは、クライアントのニーズに合わせて柔軟な支援アプローチを行います。アウトソーシングサービスでは、プロフェッショナルチームを派遣し、計画から実行、報告まで、全面的あるいは部分的に内部監査業務を受託します。コソーシングサービスでは、プロフェッショナルチームのメンバーがクライアントと共同で内部監査を実施し、クライアントの人員補充、クライアントへのナレッジ移転等を行います。

また、海外拠点の内部監査アウトソース・コソースでは、日本のバイリンガルプロフェッショナルがプロティビティのグローバルネットワークを活用して支援しています。

サービス導入のメリット

  • ビジネスリスクの理解と内部監査によるリスクカバレッジの拡大
  • ビジネス戦略とリスクマネジメント戦略が整合した内部監査機能の充実
  • 内部監査の効率的な実施による信頼性の向上
  • 内部監査コストと時間の削減・管理(コストパフォーマンスの高い内部監査リソースの活用)
  • プロティビティの内部監査ナレッジ・メソドロジ・テクノロジの移転
  • 文化・言語・商習慣の異なる海外における効率的な内部監査の実施

サービスの具体的な提案例

内部監査の計画段階:

リスク評価の実施、監査対象領域の設定、監査手続書の策定等、リスクアプローチに基づく内部監査計画の立案を支援

内部監査の実施段階:

要員不足や特定分野の専門家不足を補い、実践的なインタビューやプロセス分析・データ分析、および監査調書や指摘事項の取りまとめを支援

内部監査の報告段階:

監査報告書の作成や報告の実施、監査指摘事項・改善計画のフォローアップ・モニタリング等を支援

海外拠点における内部監査の実施

海外へ展開する企業グループが、企業価値の向上を目指すと同時に、経営の透明性を高め、投資家に対する説明責任を果たす上で、海外拠点におけるガバナンスの強化と内部監査の実施はますます重要になっています。

言語や商習慣の違い、適切なスキルや知識を持った人材の不足等から、海外拠点の内部監査が十分に実施できていないという悩みを抱える企業は少なくありません。そうした企業に対して、プロティビティは世界20カ国超、70を超える拠点を結ぶネットワークを駆使し、海外事務所と連携の上、様々な課題解決に向けたサービスを提供します。海外ネットワークはこちらをご覧ください。

また、より効率性と実効性の高いグローバル監査体制を目指す企業に対しては、プロティビティのオフショア監査サービスの活用支援、また自社のオフショア監査チーム体制の構築支援を行っています。