金融システム企画構想策定・開発支援 | Protiviti - Japan

金融システム企画構想策定・開発支援

金融システム企画構想策定・開発支援

金融システム企画構想策定・開発支援

Body

取引や決済等の大量トランザクション処理要求、時々刻々変化するマーケットに対して正確かつ迅速な意思決定を支援するための情報提供などが求められる金融機関は巨大な情報装置産業です。競争力の源泉であり重要な差別化要因となるITを活用し、有効性と効率性を同時に享受できるよう、ビジネス戦略に適合するシステムの企画構想から要件定義、設計、実装、テストに至るまで一貫して支援します。 

<主なサービス>

システム構想策定

現状の業務とシステムの分析を踏まえて実現可能な目指すべきシステム全体像を構想し、現状とのギャップ(課題)対応のための開発ロードマップを策定します。システム全体像の構想ではEA(Enterprise Architecture)、データ指向(DOA)、サービス指向(SOA)などの手法を適切に組み合せて実施します。

【事例】

  • 情報系全体像のEA策定(業務モデルおよびデータモデル含む)
  • リスク・収益管理システム、契約管理系基幹システムの構想策定

情報系システム開発

「様々な情報が上がってくるが経営の意思決定に使えない」との声が多く聞かれます。適切な意思決定から有効なアクションに確実につなげるために、経営実態を適切に可視化する情報として何が必要か、またそれをTCOの視点でどう実現するかについて、情報系システムの構想から要件定義・設計・開発・テスト・PMOまでを一貫して支援します。

【事例】

  • 情報系システム共通情報としての、顧客情報、トランザクション情報、キャッシュフロー情報の各データ整備​
  • リスク計測、リミット管理システム​
  • ALM、収益管理システム​
  • データウェアハウス(DWH、DM)​
  • 経営情報システム​  

市場系・契約管理系システム開発

市場系・資産運用系システムでは基本的な機能要件への充足に加えて内部統制に係る機能の強化、処理性能の追及、新商品追加や管理情報変更の容易性・迅速性、保守・運用コストの低減等が一層重要視される傾向にあります。これらを踏まえて金利・債券・為替・株式・コモディティおよびそれらのデリバティブ取引に係るフロント・ミドル・バック機能全般について、システムの構想から要件定義・設計・開発・テスト・PMOまでを支援します。

【事例】

  • トレーディングシステム (金利・債券・為替・株式・コモディティおよびデリバティブ)​
  • 保険契約管理システム(生保、損保)​