リスク管理と規制対応

Body

リスク管理部門やコンプライアンス部門においては、規制の強化や事業の多角化や組織の多様化など管理態勢の高度化が求められる一方で、費用や人的資源の合理化が求められています。これらのコストパフォーマンスを保ちつつ、3つのディフェンスラインすべてにおいて効果的なリスク・コンプライアンス態勢を構築するには、様々な取り組みが必要となります。プロティビティでは、これらの取り組みに対して、さらに組織の戦略目標の達成と整合的で、より実効的で付加価値の高い管理態勢を構築するために様々なご支援を行います。

主なサービス​:

当社が専門とする領域は、以下のとおりです。

アンチ・マネーロンダリング規制対応

AML(アンチ・マネーロンダリング)に関する規制や当局による監督が強化され、またマネーロンダリングの手口も多様化していることから、金融機関等においてはマネーロンダリング対策の高度化が求められています。プロティビティではAMLのプロフェッショナルからなるグローバルな専門チームがアンチ・マネーロンダリング態勢の構築や高度化の支援、既存の態勢や検知システム等の有効性の検証などあらゆるニーズに対応します。

自己資本管理

企業を取り巻く環境が変動するなか、企業の継続性を担保するための自己資本管理(経済資本管理)の重要性はますます重要になっています。また金融機関に対する自己資本規制はさらに強化されてきており、自己資本管理(規制資本管理)の更なる高度化が求められています。当社の専門家は自己資本管理の態勢の構築、高度化から個別課題について効果的に支援します。

信用リスク

信用リスクの管理は、リスクが顕在化した場合の経営への影響の大きさという点で、多くの企業にとって重要な課題です。プロティビティでは、リスク・アペタイトとの整合性やお客様の規模、ポートフォリオの特性に即した効果的な信用リスク管理態勢の構築、高度化の支援を行います。また内部格付手法の承認など規制対応についても、制度の導入から規制要件の充足状況、制度検証に至るまで一貫して支援します。

全社的リスクマネジメント(ERM)

企業にとって包括的なリスクの把握、評価、管理を行うことは、企業の継続性を担保するだけでなく、企業の戦略目標を達成する上で不可欠な取り組みです。当社では、お客様が包括的なリスクを把握、評価し、重大なリスクを管理する効果的な態勢の構築、高度化から個別課題について効果的に支援します。

市場リスク、商品リスク

昨今の世界的な金融危機をきっかけに、監督当局による規制・監督の強化や、企業の継続性制を担保する内部管理としての市場リスク管理の必要性により、市場リスク管理態勢の高度化が求められています。プロティビティでは、市場リスク管理態勢の構築、高度化から、規制対応、モデル検証に至るまで、市場リスク管理に関する課題について一貫して支援します。

オぺレーショナル・リスク管理

組織体制や業務の多様化が進む現在、企業にはより高度なオペレーショナル・リスク管理態勢が求められています。また金融機関におけるオペレーショナル・リスクの規制上の計量手法は流動的であり、オペレーショナル・リスクに関するより本質的な理解と態勢の構築が求められます。プロティビティでは、リスクの把握、評価といった定量化から、リスクの統制に至るまで、オペレーショナル・リスク管理態勢の構築、高度化や規制要件の充足状況、制度検証まで一貫して支援します。

規制コンプライアンスおよび是正

近年、企業、特に金融機関を取り巻く諸規制は強化される傾向がある一方、それらの遵守状況についてステークホルダーの要求はより高くなっています。そのため、諸規制対応は企業の継続性を担保するうえで極めて重要な要素といえます。プロティビティでは、クライアントが諸規制を遵守するための態勢の構築や高度化を支援します。