オペレーショナル・レジリエンス

オペレーショナル・レジリエンス
オペレーショナル・レジリエンス

Body

オペレーショナル・レジリエンスとは、ビジネスや経済における重要な機能提供または基盤となるサービスに影響する運用上の中断を、検出、防止、対応、回復および知見獲得をするような組織の能力を指します。

重要なビジネス サービスおよび影響許容範囲の定義と理解、起点から終点までのマッピング、シナリオ テスト、定期的なセルフアセスメント(自己評価等)を完全に遂行することが、オペレーショナル・レジリエンスへの道のりにおいては不可欠です。

 

なぜそれが重要なのか

レジリエンスという言葉は私たちには既に馴染み深いものです。特に今日の困難なビジネス環境においてはなおさらです。シンプルに言えば、レジリエンスとは「挫折から回復する能力」として定義することができます。リスク( 確率的な要素を持ち重大な不確実性を生み出す)とは異なり、オペレーショナル・レジリエンスは避けがたいものと考えなければなりません。

システムはダウンし、サイバー攻撃も成功するでしょう。パンデミックも発生します。外部関係者や経済に対する混乱の影響を最小限に抑える方法をしっかりと理解し、組織の脆弱性がどこにあるかを把握し、基本的な要素(サイバー、ビジネス、サードパーティ、テクノロジーなどの回復)を開発することで、組織運用の回復を迅速化し顧客の危害を最小限に抑えることができます。

 

オペレーショナル・レジリエンスとビジネス継続マネジメント(BCM)

ビジネス継続マネジメントとは、もし中断されると企業に深刻な損害を与えたり大きな損失を与える可能性がある経済活動やビジネスプロセスを、保護したり代替手法を開発したりする、戦略、チーム、計画やアクションの、設計、開発、実施および保守のことを言います。業種、規模を問わずすべての企業は、BCMプログラムの恩恵を受けることができます。オペレーショナル・レジリエンス・プログラムは、プロティビティのレジリエンスフレームワークに示すように、極端だがもっともらしいシナリオのテスト、最初から最後までのプロセスマッピング、サイバー、サードパーティ、テクノロジーのレジリエンスのすべての側面の調整など、さまざまなアプローチを組み込むことで、従来のBCMの慣行と概念を強化し拡張することができます。

 

具体的な支援内容

プロティビティのエキスパートは貴社組織と提携しオペレーショナル・レジリエンスを高めます。私たちのプロセスは次の作業を含みます。

  • 重要なビジネスサービスの特定。お客様の重要なビジネスサービスとプロセスを理解し特定するお手伝いをします。ビジネスサービスは、その混乱が組織の安全と健全性または金融の安定性にリスクをもたらす場合、「重要」と定義されます。
  • ビジネスサービスの包括的マッピングの確立。当社チームは、既存の方法論に基づき、ビジネスサービスの提供に貢献する重要なプロセス、アプリケーション、サードパーティ、その他重要なコンポーネントの包括的なマッピングを確立し維持します。
  • 影響許容範囲の理解と確立。当社のエキスパートは、お客様の重要なビジネスサービスに対する影響許容範囲を確立するお手伝いをします。影響許容範囲は、従来の回復時間を超えて拡張され、中断(またはレジリエンスイベント)がビジネスサービスの実行可能性を脅かすポイントを表現します。
  • 適切なガバナンスの実施。お客様と協力して、ニーズに沿った適切なガバナンス機能とレジリエンスプログラムを実装します。
  • テストと改善。当社のエキスパートは「極端だがもっともらしい」シナリオのテストを通じて、現実的な復旧時間と確立した影響許容範囲の違いをよりよく理解するようチームを支援します。
  • 基礎的要素の進化継続。当社は、お客様のビジネス、サイバー、サードパーティ、テクノロジー(堅実なオペレーショナルレジリエンスプログラムの基礎要素)のレジリエンスを改善し続けます。
  • セルフアセスメント(自己評価)の実施。私たちのチームは、貴社のレジリエンスプログラムのすべての側面を見直し、改善領域を特定します。このプロセスには、オペレーショナルレジリエンスプログラムの自己評価へのサポート、重要なビジネスサービスの特定と影響許容度の確立に関する方法論の文書化が含まれます。テスト戦略・結果及び計画に組み込まれた改善策も自己評価の一部となります。