石油・ガス製造の会社において、効果的な売掛金およびその回収機能を構築

石油・ガス製造の会社において、効果的な売掛金およびその回収機能を構築

oil and gas production company
Share: 

 

石油・ガス製造のリーディングカンパニーでは、有効な売掛金とその回収機能を確立しつつ、重要な買収のため、取引のバックログを調整、訂正、処理する必要がありました。そこには1つの課題が存在しました。クライアントの会計部門の人員およびその人々が有するスキルセットでは、売掛金に係る業務の急激な拡大に対応できなかったのです。 買収された会社の会計システムは古く、膨大な手作業が必要でした。

プロティビティとロバート・ハーフは、経験豊富な会計専門家のチームで対応しました。私たちは、クライアント自身では見つけることができなかった、特定の技能を有する会計の専門家を集めることができたのです。本プロジェクトにおいては、パフォーマンス目標を設定し、未処理の売掛金エントリを処理するための仕組みを迅速に確立、チームの進捗状況をクライアントに報告しました。そして当面の懸念事項を処理した後、クライアントの現在進行中のビジネスを効果的にサポートすべく、クライアントが実行する機能のインストールを支援しました。この変化は劇的なものでした。 プロティビティが率いるチームは、常にチャレンジングな締め切りを遵守しました。6億ドル以上の現金を補助元帳に適用し、売掛金残高を95%削減、1,300以上の顧客補助元帳残高を修正しました。売掛金年数を1年間で50%改善することよりも重要なことは、未払い残高の大きな原因を特定することです。この努力、そして緊急性を認識した対応は、クライアントとの関係を強化し、強い信頼関係構築へとつながりました。また、売掛金とその回収を処理する新たな仕組みにおいて、クライアントは適切に対応できました。