事業パフォーマンス改善におけるプロセスマイニング活用

事業パフォーマンス改善におけるプロセスマイニング活用
事業パフォーマンス改善におけるプロセスマイニング活用

Body

従来のビジネスモデルを抜本的に変革するデジタライゼーションが拡大し、ビジネスプロセスが高度化するなか、企業は、ビジネスプロセスを可視化し、効率化に向けて継続的な改善を図ることが求められています。

プロセスマイニングは、多様なITシステムから、現在および過去の膨大な業務活動の実行データ(ログデータ)を収集し、ビジネスプロセスの可視化、分析、そして改善活動を行うための最新の革新的なデジタル技術です。ITシステムとのリアルタイムおよびオフライン接続によるデータ分析は、日々のビジネスプロセスの実行や改善活動を強力に支援します。

組織におけるビジネスプロセスのパフォーマンス向上の取り組みは、特定のビジネスプロセスに対する課題を理解し、問題認識することから始まります。対象となるビジネスプロセスを深堀りし、プロセスフローにおける課題(ボトルネックやリスクなど)や自動化(RPA: Robotic Process Automationなど)適用余地の分析・発見など、現状のビジネスプロセス全体を可視化することが不可欠です(現状の見える化:As - Is分析)。一方、複雑化する業務、増大するデータに業務担当者が謀殺されるなか、いかに効率的にこの作業を実施できるかがパフォーマンス改善の成功を左右します。プロセスマイニングの活用により、この作業を短期間に効率的に実施できます。

更には、現状のビジネスプロセスについて、詳細な分析と検証を行い、発見された課題の解決や改善を進めるとともに、新たなパフォーマンス目標とその評価指標(KPI)を設定したビジネスプロセスの再設計(To-Beモデル)を行うことが重要です。

再構築されたビジネスプロセスにおいても、プロセスマイニングを活用した継続的なモニタリングにより、リアルタイムにビジネスプロセスの状況やパフォーマンス目標とその評価指標(KPI)の達成状況などを図表などのビジュアルな表示で容易に把握することで、さらなるビジネスパフォーマンス改善を進めることができます。

 

プロセスマイニングによるビジネスプロセス改善アプローチ

プロセスマイニングによるビジネスプロセス改善アプローチ

 

 

Celonis社プロセスマイニングの画面例(販売管理業務プロセス)

Celonis社プロセスマイニングの画面例(販売管理業務プロセス)