プロティビティの谷口靖美が2015年女性コンサルティング・リーダーに選出される

Press Release

※本資料は、本日Protiviti Inc.が発表したプレスリリースの翻訳版です。

  • 「コンサルティング マガジン(Consulting Magazine)」が谷口靖美を顧客サービス部門で表彰​
  • 「コンサルティング マガジン」はグローバルコンサルティング企業プロティビティ(Protiviti)のマネージングディレクタ 谷口靖美を2015年「Women Leaders in Consulting(女性コンサルティング・リーダー)」に選出
  • ​第9回になる同誌の今年のリストには300人を超える候補者から世界のコンサルティング会社を代表する13人の女性が選出
     

 
プロティビティは、谷口靖美が「コンサルティング マガジン」の2015年女性コンサルティング・リーダーに選出されたと発表しました。  

谷口靖美は、プロティビティの東京オフィスを本拠に、内部監査およびフィナンシャル・アドバイザリー・サービスを指揮し、製造・保険・投資関連企業・商社などの日本や海外の顧客を支援しています。リスクマネジメントの強化、内部監査プログラムの提供、経営陣および取締役会に対する助言の提供などを通じ、日本の多くの大手企業を支援しており、また、アジア、米国、欧州、インド、南米にわたる国際チームとの協力体制もつくりました。

プロティビティ社長兼最高経営責任者(CEO)のジョゼフ・タランティーノは、「コンサルティング マガジンが谷口氏を表彰したのは当然のことだ。同氏の専門知識とグローバル企業が直面する問題の対処に関する理解は業界でもトップクラスで、当社顧客に傑出したサービスを提供できている」と語りました。

谷口靖美は、グローバル内部監査人協会のCCSA(内部統制評価指導士)の認定を、日本で最初に取得しました。オレゴン州のリンフィールド・カレッジから会計学の学位を得て、米国公認会計士およびCIA(公認内部監査士)の資格を取得しました。この数年、内部監査業界育成のため、一般社団法人日本内部監査協会と密接に協力してきました。特に、日本のコンサルティング分野の女性リーダーを擁護する立場から、同僚や顧客企業で働く女性の才能やリーダーシップの開発、向上に尽力してきました。日本で開かれる専門分野のカンファレンスや会議などでも頻繁に講演しています。

コンサルティング マガジン発行人兼編集長のジョー・クルニク氏は「コンサルティング業界唯一の刊行物として、コンサルティング マガジンは女性リーダーたちの業績および彼女たちが代表する企業にスポットライトを当てることを光栄に感じている。女性はコンサルティング業界で働く人のわずか4分の1にすぎないものの、グループとして、その数以上の影響を与えている。コンサルティング女性リーダーの表彰も9年目に入り、ノミネートされた女性の質ならびに最終的に表彰された女性の業績はますます目覚ましいものになっている。今年も例外ではない」と語った。

「コンサルティング マガジン」は11月12日、ニューヨークのセントレジス・ホテルで開催する恒例の「女性コンサルティング・リーダー」賞ディナーの席上、2015年の受賞者を表彰します。同誌の2015年12月号で表彰者の横顔が紹介されることになっています。

 
お問い合わせ先
プロティビティLLC
マーケティング マネージャ 尾崎 美恵子
03-5219-6061(直通) 
[email protected]

<プロティビティについて>

プロティビティは、企業のリーダーが自信をもって未来に立ち向かうために、高い専門性と客観性のある洞察力や、お客様ごとに的確なアプローチを提供し、ゆるぎない最善の連携を約束するグローバルコンサルティングファームです。20ヶ国、80を超える拠点で、プロティビティとそのメンバーファームはクライアントに、ガバナンス、リスク、内部監査、経理財務、テクノロジー、オペレーション、データ分析におけるコンサルティングサービスを提供しています。

プロティビティは、Fortune 1000の60%以上、Fortune Global 500の35%の企業にサービスを提供しています。また、成長著しい中小企業や、上場を目指している企業、政府機関等も支援しています。プロティビティは、1948年に設立され現在S&P500の一社であるRobert Half International (RHI)の100%子会社です。(http://www.protiviti.jp/

Ready to work with us?