ご挨拶

自信をもって未来へ立ち向かうために

今年は、大きなパラダイムシフトの流れをいっそう実感する年になる、と思われている方も多いのではないでしょうか。
AIやロボティクス、仮想通貨やフィンテックなどテクノロジーの進化のスピード が急加速しています。企業はそのテクノロジーの潮流に乗れないと、大きな機会を逃すかもしれません。同時に、大きな変革が起きた時に打撃を受けるリスクも高まっています。さまざまな情報をモニタリングし、今後起こりうる変化のさまざまなシナリオを考え、それらの機会とリスクへの対応能力を組織的に持つことがますます重要になっています。
 
また、働き方改革やダイバーシティ&インクルージョンなど、働き方にもパラダイムシフトが進んでいます。働く基本の単位が「組織」から「プロジェクト」へと変化し、テクノロジーやビジネス環境が急激に変化する中で、既存組織のメンバーの力だけでは、期待される大きな仕事・プロジェクトを、限られた時間内に成し遂げることは難しくなっています。組織のリーダーはプロジェクト遂行のため、組織を超えて適材適所の人材を集め、協力を仰ぎ、実績を出さなければなりません。
 
だからこそ、プロティビティは、「クライアントとチームを組み、企業の重要な課題を特定・分析し、解決していくことを通して、クライアントの企業価値を守り、向上させていくこと」を使命としています。ガバナンス・リスク・内部統制・内部監査の分野にとどまらず、財務・会計、ITやデータ、業務変革やデジタライゼーションなどの幅広い分野において、未来に立ち向かうクライアントのチャレンジを今年も支援してまいります。その過程において、私たちはクライアントに5つのことをお約束いたします。
 
 Listen to You                                 クライアントの声によく耳を傾けます
 Provide the Right Talent                 適切な人材を提供します
 Collaborate & Build Relationships      協力・連携し、良好な関係を築きます
 Deliver Value with Excellence           卓越した価値を提供します
 Openly Share Leading Practices        先進事例を積極的に共有します
 
今年も、プロティビティの社員ひとりひとりがクライアントの皆様の声をしっかりとお聴きして、各プロジェクトにおいてさまざまな知見、洞察、経験、アプローチを提供し、クライアントの皆様とのチームワークを大事にしてまいります。社員一同、皆様が自信をもって未来に立ち向かうための一助となるべく全力を尽くす所存でございます。
 
今後とも旧に倍するご支援、ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 

 

プロティビティLLC
会長・シニアマネージングディレクタ 神林 比洋雄
日本代表・マネージングディレクタ  谷口 靖美