ご挨拶

自信をもって未来へ立ち向かうために

日本中のだれもが、今年はよい年になるようにと願って2021年がスタートしました。

昨年は、世界にとって、日本にとって、各企業にとって、そして個々人の生活においても、ストレステストの連続のような年でした。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)というリスクが、世界の景色から一人一人の働き方まで一変させました。様々な課題やリスクを再認識したと同時に、SDGs(持続可能な開発目標)などへの関心も高まりました。

AIやロボティクス、仮想通貨やフィンテック(FinTech)などによるデジタル化や雇用市場の変化などが進む中、イノベーションを受け入れることでビジネスは変化しています。変化は、知識と起業家精神、イノベーション、そして技術の進歩とデータの使用によって推進されています。イノベーションはビジネスモデルを変化させ、結果として組織のリスクを変化させます。さまざまな情報をモニタリングし、今後起こりうる変化のさまざまなシナリオを考え、それらの機会とリスクへの対応能力を組織的に持つことがますます重要になっています。

また、テレワークやリモートワークの推進により、働き方にもパラダイムシフトが進んでいます。働く基本の単位が「組織」から「プロジェクト」へと変化し、テクノロジーやビジネス環境が急激に変化する中で、既存組織のメンバーの力だけでは、期待される大きな仕事やプロジェクトを、限られた時間内に成し遂げることは難しくなっています。組織のリーダーはプロジェクト遂行のため、組織を超えて適材適所の人材を集め、協力を仰ぎ、実績を出さなければなりません。

プロティビティの使命は、「Deliver confidence in a dynamic world  ダイナミックな世界に自信を提供する」です。不確実性に直面して行動する人と組織が、絶え間なく変化する世界の中で、それらに向けて準備し、新しい挑戦をし、新しい機会へ向けて変革をするにあたり、自信をもって立ち向かえるよう支援します。ガバナンス・リスク・内部統制・内部監査の分野にとどまらず、財務・会計、ITやデータ、業務変革や組織変革、デジタライゼーションなどの幅広い分野において、未来に立ち向かうクライアントのチャレンジを支援してまいります。引き続き、私たちはクライアントに5つのことをお約束いたします。



 Listen to You                                 クライアントの声によく耳を傾けます

 Provide the Right Talent                 適切な人材を提供します

 Collaborate & Build Relationships      協力・連携し、良好な関係を築きます

 Deliver Value with Excellence           卓越した価値を提供します

 Openly Share Leading Practices        先進事例を積極的に共有します



今年も、プロティビティの社員ひとりひとりがクライアントの皆様の声をしっかりとお聴きして、各プロジェクトにおいてさまざまな知見、洞察、経験、アプローチを提供し、クライアントの皆様とのチームワークを大事にしてまいります。社員一同、皆様が自信をもって未来に立ち向かうための一助となるべく全力を尽くす所存でございます。

今後とも旧に倍するご支援、ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。

 

日本代表 マネージングディレクタ

谷口 靖美

 

マネージングディレクタ  

牧 正人 石川 雅信 藤沢 有紀 渡辺 知子 藤原 史人 佐渡友 裕之 青山  卓郎 岡澤 哲朗