マネージド セキュリティ

マネージド セキュリティ
マネージド セキュリティ

Body

ハッカーの動機は、個人的なもの、政治的なもの、犯罪的なもの、金銭的なもの、あるいは愉快犯的なものなど様々です。効果的なセキュリティ監視ソリューションを提供するためだけにテクノロジーに頼っている組織は、これらの侵入への対応に何度も失敗する可能性があります。

ITセキュリティはチェスのようなものであり、IT部門は、テクノロジー、人材、プロセス、そして経験を駆使して、攻撃者の一歩先を行く必要があります。今日のビジネスを取り巻く脅威の猛威に対抗するために、セキュリティの専門家は保護サービスの提供方法を絶えず見直す必要があります。

プロティビティのCybersecurity Intelligence Response Center (CIRC)の専門家は、リスクに応じた人とプロセスに焦点を当てることで、大規模なセキュリティ対策を成功に導くためにお客様と協同しており、お客様は、技術、人、プロセス間の重要な相互作用を理解し、ITセキュリティをより効果的にリスク戦略にマッピングできるようになります。

プロティビティのソリューションには以下が含まれます。

高度な脅威追求(ハント)チーム

未知の脅威は、セキュリティ監視プログラムを回避し続け、あらゆる企業に重大なリスクをもたらしています。ユースケースだけでは十分ではありません。プロティビティは、これらの未知の脅威を可視化するための一連の技術を使用する高度なハントチームの開発を支援しています。

サイバー脅威インテリジェンス

サイバー脅威インテリジェンスは、企業に危害を加えようとする悪質な攻撃者を理解することができます。プロティビティのサイバー脅威インテリジェンスソリューションは、可視性を高め意思決定プロセスを支援する包括的な能力を開発することで、お客様を支援します。この総合的なアプローチには、計画、収集、分析、セキュリティ監視プログラムへの統合が含まれます。

セキュリティ監視と業務の「融合」

成熟したセキュリティ監視プログラムを持つ CISO は、内部または外部の同業者と提携して、企業の運用能力を構築する機会を持っています。このようなセキュリティ監視プログラムと他の業務との「融合」は、様々な形で行われます。
プロティビティは、「融合」における戦略策定、アーキテクチャの構築および実装でお客様を支援し、企業に幅広い価値を提供します。

セキュリティのオーケストレーションと自動化

次世代のセキュリティ監視プログラムは、設定と自動化に依存しており、効率性を高め、調査プロセスを標準化し、インシデント調査中に発生するエラーや漏れを削減します。プロティビティは、あらゆるセキュリティ自動化およびオーケストレーションプラットフォームを使用して調査プロセスの自動化を支援します。

相関分析

次世代セキュリティ監視プログラムでは、すべてのプラットフォームで統合されたインテリジェンスを活用することが必要です。相互相関はいくつものプラットフォームで行うことができますが、適切な成熟度がなければ、これらのプラットフォームはコストがかかるだけでなく、効果的でもありません。プロティビティは、お客様が相関分析のためのプログラム的アプローチを開発し、意思決定を支援するための最大の価値を確保できるように支援します。

UEBA/UBA(User (and Entity) behavior analytics)

インサイダー脅威の検知は経営層レベルの関心事となっています。アルゴリズムの応用と特殊な統計分析は、UEBA/UBAプラットフォームの行動と機械学習機能を形成しています。プロティビティは、最適なUEBA/UBA戦略を決定し、プラットフォームに関係なくUEBA/UBAの価値を最大化するためにお客様を支援します。

サイバーセキュリティアカデミー

ほぼすべてのセキュリティ監視プログラムには、二つの共通した人材の問題があります。 第一に、優秀なアナリストの離職率が高く、効率的な監視ができないことです。 第二に、資格のないアナリストを雇用すると、効果的な監視ができなくなります。 プロティビティのサイバーセキュリティアカデミーは、お客様がこの2つの問題解決するお手伝いをします。