Risk Oversight vol.148:今後10年のトップリスク:グローバルな視点

The Top Risks for the Next Decade: A Global Perspective
Risk Oversight vol.148:今後10年のトップリスク:グローバルな視点

プロティビティでは、2021年9月から10月の期間において、幅広い地域とさまざまな業界を代表する経営幹部と取締役1,453人を対象に、マクロ経済、戦略および運営上のリスクに関する見解についてオンランのグローバル調査を実施しました。
グローバル調査の結果、2022年の短期的なリスクと、2031年までの10年という長期的なリスクについて、経営者の視点を捉えました。
2031年までの今後10年の大変革の中でのリスク状況をハイライトし解説します。


なお、本調査の詳細については、エグゼクティブサマリーをご覧ください。

トップリスク2022および2031に関するエグゼクティブの視点

 

なお、Risk Oversight Issue 148「今後10年のトップ10リスク」は、調査時期が昨年9月~10月であったことから、ロシアのウクライナ侵攻によって影響を受けることが想定されます。想定される影響について、ご関心のある方は、次の最新のフラッシュレポートもご参照ください。

 

CATEGORY TOPIC:
全ての関連情報はこちらへ.

Ready to work with us?