Risk Oversight vol.142:まるで動物園のようなにぎやかな世界ー取締役会におけるフレーミングリスクに対処する

Framing Risks in the Boardroom
Risk Oversight vol.142:まるで動物園のようなにぎやかな世界ー取締役会におけるフレーミングリスクに対処する

多くの業界で混乱や予期せぬことが当たり前になってきた今、取締役会におけるリスク関連の協議においてはフレーミングへの対処方法を明確にする必要があります。(訳者注:フレーミングリスクとは、ものの見方が特定の方向に誘導されるリスク)

2018年に全米取締役協会(NACD)が発表したNACDレポートの中で最も重要なアドバイスとして、取締役会、CEO、上級管理職は、破壊的リスク(組織の存続に影響を及ぼす可能性のあるリスク)についての理解を深め、それらを組織の具体的な状況、戦略的な前提、および目的に照らし合わせて検討する必要があるとされています。破壊的リスクを理解し、備えるための留意点と考慮事項について解説します。



日本語版PDF  英語版PDF

 

全ての関連情報はこちらへ.

Ready to work with us?