海外グループガバナンスの課題と取り組み~ガバナンス・リスク管理・内部統制・内部監査

海外グループガバナンスの課題と取り組み~ガバナンス・リスク管理・内部統制・内部監査

激変する事業環境・競争環境の中で、事業再編やグローバル化を進める日本企業にとって、中長期の収益性・生産性の向上と持続的な成長を実現するために適切なグループガバナンスの構築が重要になっています。

昨年6月に、経産省は「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」を公表し、グループ経営を行う企業においてグループ全体の企業価値向上を図るための実効的なガバナンスの在り方について「コーポレートガバナンス・コード」を補完するものと位置付けました。このガイダンスの中で、グループ本社による子会社の管理・監督の在り方について「子会社の規模・特性に応じたリスクベースでの子会社管理・監督」を提言しています。しかしながら、実際、多くの日本企業は実務的にグループ・ガバナンス・システムの整備・運用に苦慮しています。

このウェブセミナーでは、このグループガバナンスのガイダンスにも触れながら、ガバナンス・リスク管理・内部統制・内部監査のテーマを中心に解説します。企業実務家としてグループガバナンスの豊富な経験をもつプロティビティのアドバイザーとプロティビティのコンサルタントが、日本企業にとって何が難しいのか、どのようなあり方がガイダンスで提唱されているのか、どのような実務的な取り組み動向がみられ、推進にあたって何がポイントとなるのかについて議論します。

 

 
ご登録後、録音版ウェブセミナーをご視聴いただけます。

(2020年3月30日ウェブセミナー実施)
 
ウェブセミナー中にいただいたご質問とその回答をご覧いただけます。

Ready to work with us?