フラッシュレポート:米国連邦政府機関をはじめ様々な官民の組織に影響が及ぶと考えられる、国家サイバーセキュリティ強化に関する米国大統領令について

Cybersecurity Consulting
フラッシュレポート:米国連邦政府機関をはじめ様々な官民の組織に影響が及ぶと考えられる、国家サイバーセキュリティ強化に関する米国大統領令について

5月12日、ジョー・バイデン大統領は「国家のサイバーセキュリティの向上に関する大統領令」を発令しました。この大統領令は、米国の国全体としてのサイバー防衛力を強化して、規模、影響、頻度ともに拡大し続けるサイバーセキュリティの脅威や攻撃に対処するため、政権が打ち出した最新の施策です。これは、連邦政府、公的機関、民間企業のネットワークを保護し、サイバー攻撃が発生した際の国全体の対応能力を強化するとともに、米国政府と民間企業の間の情報共有を改善することを目的としています。

ソフトウェアサプライチェーンのセキュリティを確保するために新たな規制を策定する方針も打ち出されており、米国組織に製品・サービスを提供する企業をはじめ、広く影響が及ぶことが予想されます。

本資料では、今回の大統領令で打ち出された重要な施策を要約するとともに、その影響や対応についてプロティビティの視点を交えて解説します。

 



日本語版PDF  英語版PDF

Ready to work with us?