内部監査高度化支援 | Protiviti - Japan

内部監査高度化支援

内部監査高度化支援

内部監査高度化支援

Body

内部監査部門は、企業目標の達成に貢献するため、各業務の合法性や合理性の評価を行い、その改善に向けたコンサルタント役を務めます。内部監査に期待される内容は、その企業の置かれている環境や業界により異なります。

すでに長年内部監査を実施している企業においても、ビジネス環境の変化や組織のグローバル化、業務の複雑化、ITシステムの高度化に応じて、内部監査の対象領域やアプローチ、ツールを常に見直し、高度化させていく必要があります。

プロティビティは、内部監査に求められている「期待」を理解し、リスクコンサルティングで長年培ったノウハウや、グローバル企業のベストプラクティスの情報、そして最新のテクノロジやメソドロジを最大限に活用して、内部監査機能の充実・向上を支援します。プロティビティの内部監査の高度化支援サービスは、個人の能力や経験に依存してきた従来の内部監査実務から、組織的・標準化された統合的な内部監査へと向上させ、内部監査の付加価値を高める以下のような取り組みを支援します。

  • リスクマネジメント活動と内部監査活動の連携
  • 計画・実施・報告まで一貫したリスクアプローチの監査手法の整備
  • 内部監査への先端的なITツールの導入 
  • グループ企業内またはグローバルに標準化された内部監査プロセスの構築
  • 内部監査の実績をモニタリングするための指標の設定と継続的な測定・分析
  • 内部監査の品質管理と改善プロセスの構築

上記のような取り組みによって高度化された内部監査機能は、より一層「経営に資する」ことを可能にします。

貴社の内部監査部門は…

  • 経営に直結する重要リスクを見極める態勢になっていますか?
  • リスクやプロセス、情報システム(IT)に焦点をあてる能力を十分に備えていますか?
  • 個人の能力や経験に依存するのではなく、組織的なナレッジの蓄積・移転を実施できていますか?
  • リスクの兆候や内部統制の変化を適時に捉えることができていますか?
  • 内部監査の品質を向上させるための取り組みを実施していますか?
  • 取締役・監査役・経営陣から、内部監査のベストプラクティスを実施していると認知されていますか?

上記で1つでも「いいえ」がある場合は、プロティビティへ是非ご相談ください。