グローバル・グループガバナンス

グローバル・グループガバナンス
グローバル・グループガバナンス

Body

グローバルガバナンス体制の構築からモニタリング機能の強化まで、持続的成長を協力にサポートします。



企業活動のグローバル化に伴い、海外事業収益への依存度および海外拠点の不正・不祥事が企業活動全体に与える影響度が増しています。激変する事業環境・競争環境の中で、事業再編やグローバル化を進める日本企業にとって、中長期の収益性・生産性の向上と持続的な成長を実現するために適切なグループガバナンスの構築が重要になっています。

経産省の「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」(2019年6月公表)のガイダンスの中で、グループ本社による子会社の管理・監督の在り方について「子会社の規模・特性に応じたリスクベースでの子会社管理・監督」を提言しています。

多くの企業にとって、限られた人材や予算で攻めの戦略をスピーディーに遂行しつつも、ガバナンス体制の一環として効果的・効率的な海外事業管理の仕組みや、内部統制評価・内部監査実施体制の構築・運用を行うことも課題となっています。

対応策としては、共通のグローバル方針の策定、海外事情に精通した十分かつ適切な人材の確保、コミュニケーション方法の確立、ツールを効率的に活用したモニタリング体制の構築などがあり、実行状況のモニタリングや持続的改善が重要です。

プロティビティは、コーポレートガバナンス・リスクマネジメント・内部統制・内部監査などの経験豊富な専門家などで構成する専門チームが、グローバルグループガバナンスの支援をお手伝いします。

 

主なサービス

  • 海外子会社、関連会社、グループ会社へのガバナンス強化支援
  • グローバル規程体系の整備支援
  • ガバナンス強化に関するリスク・コントロール・セルフアセスメント(CSA/RCSA)の設計・導入支援
  • J-SOXおよびUS-SOX整備・評価・改善支援
  • グローバル不正リスク管理態勢の構築支援
  • グローバル内部監査体制整備支援
  • 内部監査アウトソーシング・コソーシング支援
  • 海外オフショア監査支援
  • データ分析監査支援

 

グローバル規程体系の整備

グループ全体で共通の理念・価値観を定めた「グループ標準管理方針」の策定と、これを継続的に運用/モニタリング/改善を行うための仕組みを整備することが重要です。海外では、特に明文化・職務分掌への落とし込みが重要となります。



【規程類の体系図】

グローバルガバナンス 規程類の体系図