グローバルコンプライアンス対応支援 | Protiviti - Japan

グローバルコンプライアンス対応支援

グローバルコンプライアンス対応支援

グローバルコンプライアンス対応支援

Body

日本企業の海外進出が進む一方で、国や地域ごとに異なる法規制などへの対応が課題となっています。実際、海外グループ会社を含めたグローバルコンプライアンスリスクを把握することは容易ではありません。特に、賄賂やカルテルなどの国際的なコンプライアンスリスクの影響は無視できないものとなっています。

グローバルコンプライアンスリスクへ効果的に対応するには、グローバルポリシーを作成・展開し、コンプライアンス対応状況をモニタリングして、不備があれば改善するというPDCAマネジメントサイクルを構築・運用することが有効です。

■  主なグローバルコンプライアンスリスク

  • 外国公務員への贈賄リスク(米国FCPA・英国賄賂防止法等) 
  • 独禁法・競争法リスク(独禁法・下請法・米国反トラスト法・    EU競争法等)
  • 人権・労務リスク(紛争鉱物・奴隷労働等)
  • 情報漏洩リスク(セキュリティ・プライバシー)
  • eディスカバリ(電子証拠開示)リスク
  • 環境法規制リスク(化学品・エネルギー・リサイクル)
  • マネーロンダリングリスク(犯罪収益移転防止法、米国愛国者法等)
  • インサイダー取引リスク
  • 労働規制リスク
  • 企業内部不正リスク(横領・人事等)

プロティビティは、公認会計士、公認内部監査人、データ分析やフォレンジックの専門家などで構成する専門チームが、グローバルコンプライアンスリスクの対応にあたります。企業の現状・リスクの評価を基盤に、 ポリシー策定からモニタリング、是正・改善まで一貫したコンプライアンスプログラムの構築を支援します。

主なサービス

  • グローバルコンプライアンスリスク評価支援
  • コンプライアンスポリシー策定支援 
  • コンプライアンス研修支援
  • モニタリング体制構築支援
  • 不正調査支援
  • 贈賄リスク対応支援