不正リスク管理態勢の構築支援

不正リスク管理態勢の構築支援

不正リスク管理態勢の構築支援

Body

昨今、企業の不正や不祥事が連日のように報道されています。多くの企業は法律、規則、基準(会計基準を含む)および社会倫理を遵守し、内部統制報告制度への対応も行っていますが、不正や不祥事はなくなりません。一つの不正や法令違反が企業価値を毀損したり、企業の継続性に影響を与えたりすることもあります。このような事態を回避するためには、資産の流用、不正な報告、法令違反といった問題を適時に検知し、継続的にモニタリングしていく必要があります。

不正リスク管理態勢の構築支援では、既存の不正防止プログラムの診断、不正リスクに対応するコントロールの評価を行い、あるべき統制とのギャップを把握します。その上で最適な改善策を立案・導入することによって、不正防止プログラムを整備します。 さらに、企業に存在する大量のデータの分析によって、不正の兆候をいち早く発見する継続的監査・モニタリング態勢を構築することが可能です。同時に、モニタリングしている事実を周知することにより、不正を思いとどまらせて被害を最小限に抑えるという抑止効果も期待できます。

プロティビティは、豊富な経験と高い専門性を有する公認会計士・公認不正検査士を含むプロフェッショナルチームが、不正や不祥事の防止、不正リスク管理体制の強化を支援します。不正対応に関する知識・経験・各種テンプレート・ツールなどをフルに活用し、効果的・効率的な課題解決を支援します。