11/1開催 プロティビティ グローバルビジネスセミナー ~中国・インドで注意すべき近時のハイリスクエリアと対応策~

11/1開催 プロティビティ グローバルビジネスセミナー ~中国・インドで注意すべき近時のハイリスクエリアと対応策~

多くの日系多国籍企業にとって新興国の中でも中国とインドは特に重要な拠点となっています。中国については進出してからすでに数十年経過している企業もいらっしゃるでしょう。インドについては、最近オペレーションを始めた、或は検討中でこれから本格進出というステージの企業もいらっしゃるものと拝察いたします。
既存マーケットで生き抜くためには、また新規市場で基盤を整備するには、どちらも積極的にリスクを取っていかなければ成功しない市場ですが、アクセルを踏むためには、ステアリングやブレーキとのバランスが不可欠となります。
本セミナーでは中国・インドに進出されている、或は進出を検討されている企業様向けに、両市場で特にモニタリングすべき近時の重要なリスクについて解説します。そして後半は、現地のプロティビティジャパンデスクに最も多く相談が寄せられるテーマの中から、今回は不正対応にフォーカスして解説します。
例えば、以下のような懸念があれば是非参加をご検討ください。
●現地との役割分担やガバナンス不全により、思わぬインシデントに悩んでいる
●現地から内部通報は上がってくるが、なかなかタイムリー且つ適切に対応できていない
●日本と異なる商習慣、法規制、文化のため、本社側と現地法人側でリスク感覚が合わず、意思疎通がかみ合わない
●中国は進出してすでに長い年月が経っており、人件費の高騰もあるので現地化を進めなければいけないが、権限移譲にはリスクもあり二の足を踏んでいる
●これから進出するので、早い段階できちんとカントリーリスクを把握して進めたい
第1部では、プロティビティインド代表のSanjeev Agarwalとプロティビティ中国代表のDavid Cheungから、近時特にモニタリングが必要なハイリスクエリアについて、第2部ではより実務的な観点から中国・インドでの不正防止と早期発見、対応策について専門家が解説します。
当日は通訳をご用意する予定です。
  

 <開催概要>
日時: 2017年11月1日(水)13:30~17:30(受付開始 13:00)
会場: プロティビティLLC事務所内(東京都千代田区大手町1-1-3 大手センタービル22階)
対象: 経営企画、法務、経理財務、内部監査の担当役員または部長及びそれに準ずる職位の方
受講料:無料
定員: 20名(事前登録制)
主催: プロティビティ LLC

 

<アジェンダ>
第1部:中国・インドでモニタリングすべきリスク
中国:13:30~14:30
インド:14:30~15:40
 
休憩(15:40~16:00)
 
第2部:従業員不正の防止と早期発見
従業員不正の事例と対策:16:00~16:40
データ分析による不正兆候の早期発見:16:40~17:10
質疑応答(17:10~17:30)

 

お申込みはこちら

 

日付
1 Nov 2017
Time
01:30 PM から 05:30 PM JST
Location
100-0004
東京都
千代田区
大手町1-1-3
大手センタービル
日本
Event Type
水曜日, 11月 1, 2017 - 1:30pm から 5:30pm