ERA(全社的リスクアセスメント)支援

ERA(全社的リスクアセスメント)支援
ERA(全社的リスクアセスメント)支援

Body

適切なリスク管理を実現するためには、「対象を的確に把握する」ことがその第一歩となります。全社的リスク評価においては、将来の潜在的な事象が組織体の目的達成に及ぼす影響を体系的に分析することができるかが、成功のポイントとなります。

プロティビティの全社的リスク評価プログラムは、経験と実績に裏付けられた効率的なプロジェクトアプローチ・リスクモデルと定義・リスク評価のツールで構成される標準的なプログラムにより、短期間で全社的な経営レベルのリスクを把握・評価を可能にします。

  • プロティビティのリスクモデルは事業に関連する内外の様々なリスクをリスクの源泉で整理したモデルです。危機管理対応や保険対象のリスクのみでなく、事業目的や経営戦略に照らして、経営に重大な影響を及ぼすリスクを検討・把握するのに適しています。すでに危機管理対応や保険対象のリスクの洗い出しを実施されている企業も、リスクの視野を広げるためにご活用いただけます。  
     
  • 事前研修会、リスク評価・報告への参加など、経営レベルのリスクを把握・評価するために、適切な階層の経営者、管理者を関与させるステップを組み込んでいます。事前研修会では、リスクマネジメントの要請・ステップ・他社事例など、社内でのリスクマネジメントへの理解・共通認識が高まるプログラムをご提供します。  
     
  • 本社からみた全社的リスクの把握から、各事業部・各子会社のリスクの特定・評価まで活用できる、リスク評価のステップとモデルをご提供します。英語での対応も可能です。  
     
  • リスクの評価のみに終わらせずに、リスクの大きさに応じた対応策・リスクマネジメント能力の向上へ向けた方向性が理解できるプログラム構成と事前研修・リスク評価の報告をご提供します。