データプライバシー支援

データプライバシー支援
データプライバシー支援

Body

世界が急速にデジタル化し技術イノベーションが進むに従い、個人データの利活用が個人のプライバシーを侵害する場面が増加するようになりました。こういった状況に鑑み、欧州は包括的な個人データ保護法であるGDPRが施行され、組織が個人データを利活用する上で護るべきルールが時代にあったものへと更新されました。

同様の動きは世界各国で進んでおり、アメリカでもカリフォルニア州やバージニア州で包括的な消費者保護法があらたに策定されるという動きも生じています。アジアも例外ではなく、タイ、インド、中国、ベトナム、スリランカで新たなプライバシー関連法案が策定され一部では発効しています。日本や韓国でも個人情報保護法の更新が行われました。特に日本では、個人情報保護法に加えて経産省と総務省が合同で「DX時代における企業のプライバシーガバナンスガイドブックver1.0」を公表し、個人情報保護法対応に加えてプライバシー対応の必要性も提唱されています。

ダイナミックに法規制やガイダンスが制定、更新される中、企業はより柔軟に世界の動向に対応可能となる体制を整備することが求められます。企業は単なるコンプライアンス対応から、アカウンタビリティを備えた組織運用への転換も求められています。そのためには、法的要件のみならずプライバシー・リスクへの深い理解も欠かせません。

 

Protiviti PraaS™– Privacy As A Service 

プロティビティは、世界各国の法規制やガイダンスへの対応をシンプルにするため、プライバシー・アズ・ア・サービス(Privacy as a Service, PraaS)という考えの下、共通のフレームワーク下で複数の法規制に同時に対応するアプローチを提供しています。PraaSでは、個人データのインベントリの作成・分類、個人データ処理の法規制やガイダンスに照らした評価、データ主体の権利行使対応体制の整備、データ侵害対応体制の整備、プライバシー・バイ・デザイン・プロセスの整備、プライバシー・ガバナンス体制の整備、スタッフへのトレーニング、プライバシー・ソフトウェアを用いた運用といったサービスを通じてお客様がより少ない工数と予算で世界各国のプライバシー対応ができるように支援を実施します。

 

Protiviti PraaS™– Privacy as a Serviceの詳細はこちら(PDF)  



 

グローバルプライバシーコンプライアンス対応支援

近年、経済のデジタル化に伴い、世界各国で個人データ保護法やプライバシー法の整備が加速しています。また経済のデジタル化に伴い、合法的な個人データ処理であっても社会的批判にさらされるケースが発生しています。日本においても経産省・総務省が「DX時代における企業のプライバシーガバナンスガイドブックver1.0」の策定し、プライバシー対応が企業に要求されています。

プロティビティは、世界各地に拠点を有するグループ企業におけるプライバシー方針の策定や達成のため、リスク許容範囲等のガイダンスや、グローバルなリスク管理のための標準コントロールモデルに基づき、プライバシーガバナンス体制の整備・強化を支援します。



グローバルプライバシーコンプライアンス対応支援の詳細はこちら(PDF)