キャリアパス

キャリアパス
キャリアパス

 

プロティビティでは、次のようなキャリアパスを提供しています。
これまでのプロフェッショナルとしての経験やキャリアを考慮してランクが決定され、スキルの向上と業務における貢献をふまえてキャリアアップしていきます。年齢や性別、国籍による区別なく、実績に応じた評価がされます。

 

コンサルタント

新卒、もしくは実務経験が短い方(実務経験2~4年程度)は、コンサルタントとしてプロジェクトに加わります。与えられた専門分野の中でマネージャ、シニアコンサルタントの指導のもと、インタビューの実施、レポート・資料の作成、分析、リサーチといったプロジェクトの支援活動等に取り組みます。コンサルタントは、積極的に学び吸収していこうとする主体的な姿勢や解決に向けたアイデアや意見を提供することが求められます。

 

シニアコンサルタント

コンサルタントとして(又は同等の業務経験と実績)、数年の経験を積んで入社される方は、シニアコンサルタントとしてプロジェクトに加わります。クライアント企業の抱える課題を深く理解し、より全体的な視点から課題の解決に取り組み、またプロジェクトの現場責任者として実務の計画遂行とその内容に責任をもち、コンサルタントの作業状況を管理しながら、必要に応じて現場での指導を行いつつ、業務を遂行する事を要求されます。最終的には仮説構築、検証、実行ブランの策定といった一連のプロセスを管理し遂行することを求められます。

 

マネージャ

マネージャは現場のリーダーとし幅広い役割を求められます。プロジェクトとの全体状況と業務全般の統括をし、課題解決につながる概念や分析の方向性をプロジェクトメンバーに示しながら、円滑にプロジェクト業務を遂行します。常に高度な専門家としての視点を求められ、また持ち続ける事がマネージャとしての重要な役割です。クライアントのより具体的で潜在的な問題把握と解決策を導きだし、プロジェクト統括者としてクライアントに深い理解と良好な関係を構築する事がマネージャには求められます。役割と責任の拡大にともない、マネージャからシニアマネージャへとステップアップします。

 

ディレクタ

ディレクタは、エンゲージメントにおける責任者として、エンゲージメントの品質管理および損益管理の最終責任を負います。また、クライアントの上位レベル責任者との深い信頼関係を構築し、長期的な視野でプロティビティのサービスを提供していくための基盤作りを実践する事が求められます。また、プロティビティの顔として、担当する専門領域においてマーケットを代表するような高いコンピテンシーを持ち、新しいサービスの開発にも注力します。役割と責任の拡大にともない、アソシエイトディレクタからディレクタへとステップアップします。そして最終的にはマネージングディレクタとして、ソリューションもしくはインダストリー領域の責任者になるとともに、会社全体の経営にも参画します。

 

 

採用 Top へ

 

 

お問合せ