経営管理高度化支援

経営管理高度化支援

経営管理高度化支援

Body

金融機関の収益性・成長性と安定性・健全性の同時に充足する、すなわち『収益を安定的に極大化する』ためには、「リスク」、「収益」、「資本」、「流動性」等の視点でバランスのとれた経営管理態勢の構築が必要です。適切かつタイムリーな意思決定から有効なアクションにつなげるための管理の仕組み実現に向けて、業務プロセス、組織、レポート体系、計測とコントロールのための方法論、情報システムなどの包括的な視点から態勢整備を支援します。

<主なサービス>

■ 統合的リスク管理・自己資本管理態勢の整備・高度化

会社全体として、資本に対するリスクを許容限度内に抑制し、健全性を確実に維持し続けるための仕組み作りを支援します。

【事例】

  • 統合的リスク管理態勢整備に向けたマスタープラン策定
  • 自己資本管理ポリシー策定(グループ全体、グローバルべースのポリシー含む)
  • 自己資本充実度評価方法設計
  • 複合的なリスクシナリオに基づくストレステスト設計
  • 経営管理情報システム構想策定
  • 保険会社向け経営管理情報システム構築

■ ALM業務の改善・高度化

銀行や保険会社の資産・負債構造を最適化し、企業価値向上につなげるための中核業務であるALM業務の改善・高度化を支援します。

  【事例】

  • 次世代ALM業務・システム構想策定
  • ALMシステム設計、改善 など

■ 収益管理業務の改善・高度化

収益・経費算出ロジック設計、業績評価制度設計、システム導入まで、収益向上に向けた意志決定につながる仕組み作りを支援します。

【事例】

  • 業績評価体系(管理区分、評価指標)の設計
  • 収益算出ロジック、経費配賦ロジックの設計
  • 収益性分析の仕組み設計
  • 収益管理システム設計 など 

■ 資金・流動性管理態勢の整備・高度化

定常時の効率的な資金管理に加えて、様々なストレス状況にも対応できる流動性確保のための仕組み作りを支援します。

【事例】

  • 資金・流動性管理ポリシー策定
    (グループ全体、グローバルべースのポリシー含む)
  • 業務プロセスの設計、組織体制の整備
  • キャッシュ・流動性管理のリミット体系の設計
    (管理単位、指標、設定方法)
  • 資金・流動性管理に関わる規程体系等の整備
  • キャッシュフローDBの設計

■ 業務継続管理(BCM)関連支援

大震災などの災害や新型インフルエンザの大流行(パンデミック)の発生など事業に多大な影響を与える事象に遭遇しても金融機関はその責務を果たすために、被害を最小限に止め、必要な期限内に業務を復旧・再開させる必要があります。また、事業継続に関わる規格・ガイドラインの発行やISO規格化の動き、そして、企業のコンプライアンスやCSR等への社会的要求や当局要請の高まりにより、金融機関における事業継続管理(BCM)への取組みやその高度化がますます求められています。

■ コンプライアンス態勢整備支援

  • コンプライアンス態勢整備支援 
  • マネーロンダリング対策