BCM診断支援

BCM診断支援
BCM診断支援

Body

策定された事業継続計画は、本当に機能しますか?

近年、自然災害や新型インフルエンザ等のリスクに備え、事業継続を実現させるための計画書である事業継続計画(BCP)を策定する企業が増えています。しかし、BCPとして策定した内容が経営方針・戦略と合致していない、BCPは策定したものの体制や要員が定められていない、BCPを策定して以来、見直しやテストが一度も行われていない等、実際にリスクが発生した際に有効に機能するBCPが策定されていないと思われる企業があることも事実です。

有効に機能するBCP策定に向けて

実際にリスクが顕在化した際にBCPを機能させ、目標とする時間内に事業を復旧させるためには、ただ計画書としてのBCPを策定すれば良いだけではなく、BCPを継続的に維持・管理し、高度化させるための態勢である事業継続管理(BCM)を構築する事が重要です。

BCM診断サービス概要

プロティビティのBCM診断サービスでは、企業における関連文書の確認や担当者へのヒアリングを通じて、第三者的な立場から評価を行い、課題の導出と改善に向けたアドバイスを行います。

診断においては、プロティビティがこれまでに様々な企業に対するサービスの提供を通じて培ってきたノウハウやナレッジを基に作成したチェックリストをベースに、各業界における事業継続に関する要請事項や、企業の事業継続ポリシー等を加味し、各社にマッチしたチェックリストを作成した上で、BCMに係る取り組みの実施状況や有効性を確認します。