アンチ・マネー・ロンダリング・コンプライアンス(AMLコンプライアンス)

アンチ・マネー・ロンダリング・コンプライアンス(AMLコンプライアンス)

アンチ・マネー・ロンダリング・コンプライアンス(AMLコンプライアンス)

Body

近年、アンチ・マネー・ロンダリング問題に係る監督官庁等によって詳細な検査が行われるケースが増加しています。そうした複雑な問題に直面する金融機関にとって、適切なAMLプログラムを導入し、維持することは重要です。

さらに、すべての多様なビジネス・ラインに対応するリスクベースのアンチ・マネー・ロンダリングやテロ資金供与対策(AML/CFT)コンプライアンス・プログラムを実施する重要性についても認識し始めています。

 

 

電子ブック  英語版PDF

 

しかしながら、マネー・ロンダリングのリスクや、これらのリスクを軽減するツールや技術を評価することは非常に困難です。

プロティビティのAMLプラクティス・チームは、金融監督官庁出身者や元金融機関コンプライアンス・オフィサー、不正対策とフォレンジックのスペシャリスト、IT専門家、金融機関業務経験者(全業種)を中心に構成されています。各メンバーは豊富な経験を有しており、すべての金融機関を対象にAML/CFTの企画・実行を助言したり、独立したAML/CFTコンプライアンス・プログラムの実効性を検証したりすることを通して、マネー・ロンダリングの調査をしています。

プロティビティは、金融機関に対し、下記の分野を含むAML/CFTコンプライアンスのあらゆる局面における、幅広いコンサルティングサービスを提供します。

AML/CFTリスクおよび制裁リスクに係るリスク・アセスメントの企画・実施

実効性が担保されたコンプライアンス・プログラムの土台となるAML/CFTおよび制裁リスク・アセスメントの企画・実施を支援します。また、すべてのAML/CFTと制裁コンプライアンス・プログラムのリスク・アセスメントとの整合性を保つとともに、実効性をより向上させる革新的なテクノロジーの導入も支援します。

プログラムの策定・改善

AML/CFTおよび制裁コンプライアンス・プログラムのすべての局面において、その策定および実施を支援します。これには、リスク戦略、リスク・アペタイト方針、方針・手続書、業務記述書、職員分析、幅広い経営報告書等の作成も含まれます。

AML/CFTおよび制裁に係るシステムの選択・導入・運用

AML/CFTの継続的な実施、およびOFACモニタリング・システムの選定を支援します。これには、ベンダー検証・比較、現在と将来にわたるビジネスや機能要件のアセスメントのほか、データ・リネージとバリデーション、システム最適化、システムの導入、システム導入前と導入後の検証、システム・バリデーション、すべてのシステム・プロジェクト・プランニングとマネジメントが含まれます。

マネー・ロンダリングに係る検証と調査

独自の「ワークフローとデータ分析ツール」を用いて、監督官庁が必須項目として定めたルックバック調査やその他取引の検証の実施を支援します。また、検証対象となる取引の特定、その抽出基準やシナリオのコード化、量的および質的分析に基づいた閾値の設定、警告の発出といった観点からも、弊社の調査スペシャリストが、疑わしい取引の有無を検証します。さらに、上記業務を通して得られた証跡を、お客様のみならず、必要な場合には監督官庁にも提供します。

ニューヨーク州金融サービス局パート504(NTDFS504対応)

ニューヨーク州金融サービス局の管轄下にあるすべての金融機関に対して同パート504の遵守のために、社内研修と啓蒙、プログラムの策定、管理、文書化、モデルのバリエーション、データ・リネージ・バリデーション、コントロール・テスト、サティフィケーションの企画およびサブ・サティフィケーションの各プロセスの実施を支援します。

AMLプログラムに係る独立検証

AML/CFTおよび制裁リストに係る網羅性が担保されている内部監査プログラムの策定を支援します。これには、リスク・アセスメント、リスク・アンド・コントロール・マトリックス、内部監査ワーク・プログラム、および内部監査チームへの研修が含まれます。また、弊社単独またはお客様の内部監査部との協働により、既存のAMLプログラムが、法的要件を満たしているかを検証します。

研修の企画・カスタマイズ・実施

適切な形にカスタマイズされたAML/CFT研修は、AML/CFTおよび制裁コンプライアンス・プログラムの成功の鍵を握っています。お客様の業務特性、事業規模、現在のAML/CFTおよび制裁に係る知識、内部手続きを反映させたAML/CFTと制裁に係る研修の策定および実施を支援します。