医療機関のネットワークにおける会計のシェアードサービスセンターを設計・推進・運営

医療機関のネットワークにおける会計のシェアードサービスセンターを設計・推進・運営

design implement and operate
Share: 

 

ある医療機関における、病院、リハビリ、外来手術センターのネットワークは拡大しており、わずか6年でサイズが倍になると予想されていました。しかし、その関係者は、それが容易ではないことを知っていました。このネットワークには会計のSSC(シェアードサービスセンター)が無かったのです。このSSCは、現在の規模においてさえもこの医療機関をより効率的にサポートする必要がありました。積極的な成長予測においては、更に言うまでもありません。この医療機関ネットワークはプロティビティに対し、SSCを確立し、最終的には医療機関を効果的にサポートするようなソリューションを実装する可能性、コスト、利益を分析するよう求めました。

プロティビティ/ロバート・ハーフチームは、現在のプロファイル、傾向、および改善機会を理解し数値化するために、買掛金の分析を実施しました。次に、SSCの設計と実装を実行して、プロセスを最適化し、継続的なコストコミットメントを達成しました。その後、以前は手動で実施していたプロセスを運用するための臨時および常勤のスタッフを雇用し、訓練し、管理しました。また、請求書のワークフロー、電子データ交換と自動決済の導入、従業員経費、出張管理、E-payableソリューションを利用するための、ユーザーフレンドリーな新ソリューションを導入しました。その結果、プロティビティは、買掛金、固定資産、総勘定元帳、現金、保険、および会社間のネットワーク全体にわたる会計プロセスの標準化を支援することとなりました。その結果、弊社の取り組みは、買掛金および一般会計機能の人員を最適化し、130万ドルの削減、または24%の給与削減、リベート・プログラムの導入による支出の削減、年間約2百万ドルの収益をもたらしました。