• 2015 Fortune 100 Best Companies to Work For

    プロティビティは、職場文化が非常に
    優れている会社を評価するフォーチュン誌の
    2015年「働きがいのある会社ベスト100」
    に選ばれました。
                 詳しくはこちら>>
                                        

  • 経営説明責任を 十分に果たせていますか?

    • ガバナンスの透明性

    • 戦略とリスクテイクの意思決定

    • 有効なリスクマネジメントとコンプライアンス、内部統制

    • 適切なモニタリング・内部監査

    • 不正防止と有効な社内通報制度

    • 適切な不正調査と再発防止策

  • 新規制や環境変化への対応、 その準備は万全ですか?

    ・ バーゼルIIIへの対応
    ・ リスク管理の高度化
    ・ 新たなソルベンシー規制への準備とERM高度化
    ・ 業務継続
    ・ システムリスク総点検
    ・ IFRS適用           

                詳しくはこちら>>

  • セキュリティ対策は、最新の脅威に 対応出来ていますか?

    ・標的型攻撃への対策
    ・緊急時対応態勢(インシデントレスポンス)の整備
    ・異常行動の検知
    ・新技術(クラウド、スマートフォン等)の安全な
     利用・活用
    ・統合認証システムの適用範囲の拡大
    ・データの安全性の確保
    ・内部・外部からの脆弱性診断
    ・セキュリティ認証の取得(PCI DSS・Pマーク・ISMS

                       詳しくはこちら>>

     

  • 海外拠点を含め、グローバルに対応できる経営の仕組みは、できていますか?

    ・ 経営状況やプロセスの可視化
    ・ 課題とビジネスチャンスの共有
    ・ グローバルなリスク管理・コンプライアンス
    ・ 買収後のガバナンス強化

                 詳しくはこちら>>

  • ITガバナンスは、グローバルに十分に効いていますか?

    ・システムリスクやシステム投資の適切な管理
    データガバナンスの整備
    ・リスクアプローチによる大規模プロジェクト管理
    ・オフショア開発における品質確保
    ・ATP攻撃等のサイバー攻撃への対処
    ・新技術(クラウド、スマートフォン等)の安全な
       利活用
    ・グローバルでのBPO活用によるコスト削減
     
                  詳しくはこちら>>

 
新卒・キャリア採用情報
プロティビティは、プロフェッショナル経験者を随時募集しています。同時に新卒採用も実施しています。
Risk Oversight (取締役会のリスク監視) vol.73
NEW  リスクマネジメントの形態に関わらず、それが効果的であるために満たすべき基本的な原則5つを定義し、それぞれの原則について考察を行います。
The Bulletin Vol.6 Issue 1 2016年度の監査委員会の議題(抜粋)
NEW 2016年度、多くの組織の監査委員会にとって適切な議題とすべき事項について解説します。
プロティビティフラッシュレポート:インドの新しい内部統制法規
インドでは、2013年の会社法改正に伴い、財務報告に係る内部統制報告制度が導入され、2015年から2016年に発効します。
マイナンバー制度 ~委託先の監督のポイント~ 
NEW 業務委託先あるいは再委託先の従業員による漏洩のリスクが懸念されます。マイナンバー制度における、委託先の監督におけるポイントを解説しています。
海外子会社の不正防止 ~システム権限の職務分離~
システム権限の職務分離と言う側面から、不正リスクの状況を確認するアプローチについてご紹介します。
 
Email Email RSS RSS
© 2016 Protiviti Inc. All Rights Reserved.